大学IRコンソーシアム

外部機関での紹介



私立大学情報教育協会 『私立大学情報環境白書』

(6)教育情報の構築体制
出典[『私立大学情報環境白書』(平成23年度版)]

 2012年5月31日公表の私立大学情報教育協会の『私立大学情報環境白書』(平成23年度版)(6)教育情報の構築体制で、「相互評価に基づく学士課程教育質保証システムの創出-国公私立4大学IRネットワーク」が掲載されました。教育質保証の促進に向けた教育情報の活用体制の構築と整備の国内事例として取り上げられています。



中央教育審議会大学分科会大学教育部会 審議まとめ

 本コンソーシアムの前身となった文部科学省平成21年度「大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム」相互評価に基づく学士課程教育質保証システムの創出-国公私立4大学IRネットワークの学生調査の内容が、平成24(2012)年3月26日の中央教育審議会大学分科会大学教育部会における「予測困難な時代において生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ」審議まとめ(資料編2/2 43ページ)のなかで取り上げられました。学修成果の把握の効果的な手法の開発に向けた、国内事例の1つとして紹介されました。

日本私立大学連盟 機関紙『大学時報』第343号

一般社団法人日本私立大学連盟の機関紙『大学時報』第343号(2012年3月21日刊行)に、「相互評価に基づく学士課程教育質保証システムの創出-国公私立4大学IRネットワーク」の内容が掲載されました。題目は「教学ガバナンスの支援としてのIR」です。

日本私立学校振興・共済事業団 『私立学校運営の手引き』

(3) 戦略的な連携・共同事例集
出典[私学事業団『私立学校運
営の手引き』(2012年3月号)]

 日本私立学校振興・共済事業団 私学経営情報センターの『私立学校運営の手引き』(3) 戦略的な連携・共同事例集(2012年3月)で、「相互評価に基づく学士課程教育質保証システムの創出-国公私立4大学IRネットワーク」が取り上げられました。大学間で連携、共同しながら行う教学ガバナンスの国内事例として紹介されています。


進研アド 『Between』2012年2-3月号

 株式会社進研アド発行の『Between』(2012年2-3月号)のなかで、「相互評価に基づく学士課程教育質保証システムの創出-国公私立4大学IRネットワーク」が大学間共同の学生調査の利用事例として取り上げられました。

オピニオン:山田礼子同志社大学教授事例:国公私立4大学IRネットワーク

出典[(株)進研アド『Between』(2012年2-3月号)]



Contents

大学IRコンソーシアム
事務局
(TEL) 078-413-1611
(FAX) 078-413-1611
jimu@irnw.jp