大学IRコンソーシアム

ホーム >本組織について > 設立趣意書

設立趣意書

 平成21年度文部科学省戦略的大学連携支援事業に採択された「相互評価に基づく学士課程教育質保証システムの創出―国公私立4大学IRネットワーク」において、同志社大学が代表校となり、北海道大学、大阪府立大学、甲南大学が連携校として、学生本位の改革」を目指して、IRの推進を通じて連携大学間の「相互評価」を活かし、教育の質保証の枠組みの整備を進めてきた。質の保証を推進する方策として、GPA制度、CAP制の導入、単位の実質化等の方策がすでに多くの大学で実施されているが、そうした方策を十分に機能させ、質保証を推進するためには、IR(インスティテューショナル・リサーチ)と呼ばれる機能の開発が有効である。シラバス、GPA制度、CAP制、学生調査等を導入し、学位授与の方針、教育課程編成・実施の方針、入学者受け入れの方針という3つの方針を設定することを教育の質保証の「第一ステージ」と定義し、第一ステージからの離陸を目指して、連携事業を進めてきた。すなわち、各大学内に散在している財政、学生、教学などに関するデータを集積して、管理するというデータの一元化を促進し、さらに、教育成果を測定するために、教育に関する客観的データを集積、測定し、そしてそれらの結果を単位の実質化や学生の学習時間の確保に結びつける教育環境の整備を意味する「第二ステージ」の本格的推進である。こうした第二ステージにおいて、教育の質保証を促進していくために不可欠な部門がIRである。

 IRは、教育、経営、財務情報を含む大学内部の様々なデータの入手や分析と管理、戦略計画の策定、大学の教育プログラムのレビューと点検など包括的な内容を本来は意味するが、我々の連携事業では、教学に特化したIR活動に焦点を置いて、連携事業を進めてきた。

 現在、学生の視点を重視し、学生に確実に成果を身につけさせるといった学生本位の改革が求められているが、4大学による連携事業が教学IRの推進を通じて連携大学間の「相互評価」を活かし、教育の質保証の枠組みの整備を進めてきた趣旨は、この学生本位の改革を目指すことにあった。

 IRには①個別大学内での改善のための調査・分析と、IR先進国ですでに行われている②ベンチマーキングのための複数機関間比較や全国調査による自機関の相対的な位置付けのための調査・分析という両方の機能がある。連携取組で行ってきた「IRを通じての相互評価」の主要な課題は、この②ベンチマーキングのための複数機関間比較を通じて、教育課程の充実へと結びつけていく質保証の枠組みの整備である。具体的には、4大学共通の学生調査を活用して学生の自己評価による間接アセスメントを実施し、3年間にわたり、学生の単位取得状況や学習行動、学習成果、教育の効果等に関する基礎データ(ベースライン・データ)を蓄積し、分析する。さらに、大学データと大学内にある直接評価指標となる学生データとベースライン・データを4大学連携事業により開発したシステムにより、個別の大学での学生の教育効果の測定および連携大学間での相互評価を可能にしてきた。

 こうしたこれまでの取り組みの成果をより幅広く展開することにより、高等教育機関全体における学士課程教育の質保証システムを推進していくことを企図した。そのためには、コンソーシアムの形成によって、より多くの高等教育機関が参加できることが不可欠である。

 一大学内ではなかなか進展できない、教学IRを4大学の連携により開発してきたシステムとノウハウを基盤としたIRネットワーク・コンソーシアムに参加することにより、より迅速に進展することが期待できる。われわれは、学士課程教育の質保証システムを「IRネットワーク・コンソーシアム」を拠点として、進展させることを目的に「IRネットワーク・コンソーシアム」を設立するものである。



Contents

大学IRコンソーシアム
事務局
(TEL) 078-413-1611
(FAX) 078-413-1611
jimu@irnw.jp